【受付開始!】第1期 和ハーブフードディレクター

 

和ハーブで、風土(FOOD)を訪ねる

  

(「秋田 天ぷらとベニバナ塩」 「沖縄 ゴーヤチャンプル」 「青森 マタギ定食」)

  

(「和ハーブ料理教室~琉球編~」 「和ハーブ協会特製 七草スープ」 「和ハーブグリーンカレー」)

“三里四方に医者いらず”

この言葉をご存知ですか?
「三里四方(半径12km)圏内で手に入るものを使うことで健康が保てる」という昔ながらの教えです。

できるかぎり地元でとれる和ハーブ、伝統野菜、その他食材を、日々使うように意識することは、
その土地の植物・文化・伝統を大切にすることにも繋がり、和ハーブ協会が大切にしている理念そのものでもあります。

講座のテーマは「旅するように、味わうレシピ」
和ハーブで日本各地の風土(FOOD)を訪ねながら、食の知恵と知識をつなげて、美味しくて新しい食づくり文化を学ぶことが、この講座の目的です。
和ハーブ協会がこれまで日本各地で学んできた、“生きた知恵”をお伝えします。

日本各地の伝統料理を知ることで、食で健康に生きるための知恵を学び、人に・未来に伝えられる、

それが和ハーブフードディレクターです。

 

4/08追加!  4月14日(日)【特別講演】鳥取「谷川天狗堂」が守り継ぐもの・こと・みらい お申し込みはこちら 詳細はこちら

≪和ハーブフードディレクター養成講座 お申し込みはこちら≫

開催日時 講座:2019年4月13日(土) 10:00~18:00
          14日(日) 10:30~18:00
※13日(土)は講座終了後に和ハーブ料理実食会を兼ねた懇親会を行います。

試験:2019年5月11日(土) 13:00~18:00

 

〇講義のタイムスケジュール(予定)〇

4/13日 朝:「和ハーブ協会」集合 ⇒ 夕方 :「ido Bistro」へ全員で移動 ⇒ 解散

4/14日 朝:「貸しキッチン」集合 ⇒ 昼食後:「和ハーブ協会」 ⇒ 解散

講座概要

〇講座内容/学べること〇

「和ハーブの有用性・特性」、「実践アレンジレシピ」、「地域食文化」

(例)
■和ハーブの基本知識

■和ハーブ料理栄養学
■和ハーブ料理民俗学
■和ハーブを料理実習
■プロ料理人による和ハーブ料理テクニック

 

〇テキスト〇 和ハーブレシピブック『PAN de WAHERB』

 受講生の皆様に当日お渡しします(講習代に含まれています)

 

〇試験〇

■筆記試験
 試験範囲は、講座内およびテキスト「PAN de WAHERB」が出題範囲となります。

■和ハーブ料理に基づいた企画発表のプレゼンテーション
例)和ハーブメニューの開発

例)和ハーブ料理講座の開催
例)郷土料理に関連する民俗文化の研究発表

参考:「私のふるさとの(郷土)料理研究」「郷土料理レシピの現代風アレンジ」「料理教室」「和ハーブお弁当」など、皆様の“食と文化”についての学びや思いを発表頂きます。

※調理実習試験はございません。
※試験内容は予定です。

講師 古谷 暢基(和ハーブ協会 理事長/医学博士)
平川 美鶴(和ハーブ協会 副理事/植物民俗研究家)
木内康代(料理研究家/和ハーブシニアフードディレクター)
上村孝徳(ido Bistroシェフ/和ハーブシニアフードディレクター)その他、特別講師
特別講師

●第1回 特別講師のご紹介:山菜料理の名手「谷川天狗堂」

  

今回、鳥取「谷川天狗堂」から、お店を切り盛りされている、谷川こず枝様を特別講師にお迎えします!

急峻な岩場を駆け上る修験者(しゅげんじゃ)たちの行場である三徳山。
そのふもとの参道にある「谷川天狗堂」では、採れたての山の幸が振舞われます。
名物の「山菜定食」では、絶品の自家製わさび漬けを三徳豆腐(これももちろん手作り!)の上に乗せて。。。
綺麗な水と新鮮な山菜で仕立てられたお料理の数々は絶品です。

  

今回、
 ・天狗堂特製「とちもち」ができるまで(山での収穫から餅づくりまでご紹介)
 ・谷川天狗堂の“食の手仕事”カレンダー
についてお話を伺い、天狗堂での一年の暮らしや、日々の想いをシェアして頂きます。

谷川様にも「こんなことはほとんどない」と言われるほど、貴重な機会です。
なんと現地で販売している「自家製わさび漬け」や「山椒の佃煮」も、持ってきてくださるとか!

今回だけの「旅するように、味わうレシピ」。どうぞお見逃しなく!

  


2019/04/08(月)追加

ご要望にお応えしまして!
谷川天狗堂様の講演を、『フードディレクター養成講座』にお申込み頂いていない方にもご案内させて頂きます!

【日時】  4月14日(日) 14:30~16:30(15分前開場)

【参加費】
<一般>  5,400円(税込) 
<有料会員>4,320円(税込) 

【講演概要】
「谷川天狗堂食ごよみ(年間スケジュール)」山菜料理の実際の作り方」など、リアルな作り手の話から、
谷川天狗堂が届けたい想いまで、余すところなく語って頂きます!

この日の為に、現地でしか買えない、
絶品「ワサビ漬け」「実山椒の佃煮」「特製トチモチ」などもお持ちいただける予定です!
もちろん! 試食タイムも予定。あまりの美味しさに驚きます♪

ここでしか聞けない、手に入らない、“とっておき”を、どうぞお見逃しなく!

 

≪「特別講演 鳥取「谷川天狗堂」が守り継ぐもの・こと・みらい」

お申し込みはこちら

会場

● 一般社団法人 和ハーブ協会 セミナールーム

〒104-0061東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビル4F
最寄駅:「東銀座」(東京メトロ)

 

●和ハーブ料理店「ido Bistro」

〒162-0061 東京都新宿区市谷柳町20
最寄駅:「牛込柳町」(都営大江戸線) ⇒講座後、全員で移動。懇親会後に解散します。

 ⇒4/13日(土) 18:00頃 全員で移動
和ハーブ料理実食会、講師からの料理テクニック披露。および懇親会。
※懇親会後に、こちらで解散します。翌日は10:30に「貸しキッチン」(有楽町)に集合です。

 

●Third Place Tokyo(サードプレイストーキョー)/貸しキッチンスタジオ

〒100-0006東京都千代田区有楽町1-3-8 有楽町かどやビル3階
最寄駅:「有楽町」「銀座」(JR、地下鉄)⇒ 和ハーブ協会までは、徒歩で10分程度です。

 ⇒4/14日(日) 10:30 集合
調理実習、講師からの実演を学びます。

13:30頃 調理実習終了後、お昼休憩をはさみ、
14:30頃までに和ハーブ協会に各自お戻り頂きます。

 

※会場は、一部変更になる可能性もございます
※宿泊先などの関係で、駅の乗り換え確認などが必要な方はご連絡ください。ご案内致します。

定員 15名 
講習代

¥79,800(税別)

(講座代、テキスト代、認定資格証書発行代)

※+懇親会を兼ねた和ハーブ料理店での実食代(5,000円前後)を予定

参加資格

・この資格取得には、和ハーブ検定合格の必要はございません。

・受講時、和ハーブ会員でない方は、お申し込み時に同時に、別途会員登録を頂くことで、受講いただけます。

【登録費用】
個人会員様:入会金/10,000円+税 年会費/6,000円+税(入会月により月割額)

 

≪和ハーブフードディレクター養成講座 お申し込みはこちら≫

 

 

●Third Place Tokyo(サードプレイストーキョー)/貸しキッチンスタジオ
〒100-0006東京都千代田区有楽町1-3-8 有楽町かどやビル3階

 

●和ハーブ料理店「ido Bistro」
〒162-0061 東京都新宿区市谷柳町20