【5月3日(木)開催】初夏の湘南和ハーブ塾

~ 「藤」の“お花見”  見て・食べて、心も身体も藤づくし ~

現代日本で“春の花見”といえば「桜」。
しかし晩春~初夏の「藤」の花見も、かつては桜に負けず劣らずのビッグイベントでした。
シーボルトの日本植物誌には「藤の花が咲くと人々は皆、ゴザを引いて酒肴をたしなみ、踊りをして宴を楽しむ」と書かれます。

湘南地域の里山和ハーブ観察会につきましては、シリーズ化のご要望を多数いただきました。今回は前回に引き続き、沿岸性里山の貴重な自然が残る初夏の新林公園を散策、和ハーブ・フィールドマスターに一歩近づく会を開催します! 

<第一部> 『“藤の花”イベント in 藤沢』

【会場】  新林公園~川名池周辺 散策・観察会 (JR藤沢駅南口から徒歩8分)
【時間】  14:00~16:30(「新林公園入口」集合。終了時間、多少前後します)
講師】  古谷 暢基

医学博士、(一社)和ハーブ協会理事長、日本入浴協会理事長など。日本で数少ない予防医学/代替医療の専門家。わかりやすい健康・医療を啓発する傍ら、日本人の根源である和ハーブの復活と普及に奔走する。著書、TV・ラジオ等出演多数。)
【募集】  15名      ※定員になり次第、締め切り。
【価格】  3,000円  <含まれるもの> 資料代、消費税 

 

この時期に最高潮を迎える藤沢市の語源ともなった“天然の藤棚”(「フジ」)を、心ゆくまでお楽しみください。
また、“日本五大薬草”に数えられ、ダイエット和ハーブとして知られる「カキドオシ」の花、“和のアボガド”「タブノキ」の果実も見られるかもしれません。

   

 
 

<第二部> 

『和ハーブ料理の会 ~ フジの花をいただく、初夏の湘南 ~』

 

【会場】  藤沢の名店「甚伍朗」
【時間】  17:30~20:00

①ミニ講座『春の和ハーブ食で身体のなかからキレイに』
お食事の前に、まずはミニ講座にて「和ハーブの“身体への摂り込み方”」を習びましょう。

春の和ハーブの実践方法、楽しく学んでくださいね♪

 
 ②“フジの花料理”ミニコース & 湘南地魚&湘南和ハーブのコラボ料理!
たくさん学んだあとはお腹も空きます。
見て感動、触れて感動、食べても感動 
 “この日のためだけの”オリジナル・スペシャルレシピをいただきます!

 

 
≪当講座 特別メニュー≫
 
 
 ★その日とれたての「フジの花・丸ごと天婦羅」
 ★「フジの花のラープ」(ラオス料理のアレンジ)
 ★日本三大秘境の一つ宮崎県椎葉村のレアな郷土料理「フジ豆腐」(非売品)

 

【価格】  5,000円  <含まれるもの> 料理、講座料、講座資料代、消費税
【募集】  限定15名   ※定員になり次第、締め切ります。
 
第一部・第二部連続参加の方は、
8,000円 → 7,500円
の特別割引になります!
 
皆様のご参加、お待ちしております♪
 
 
 
 
【主催】
・(一社)和ハーブ協会 プロデュース
・湘南和ハーブの会
 
 お申込は、(一社)和ハーブ協会まで、お願い致します。